有酸素運動で痩せるというのは嘘なのか?

有酸素運動で痩せるというのは嘘なのか?

だんだんお腹も出てきたし、そろそろダイエットしないとなぁ…。そこで多くの人が思い浮かべるのが「運動」。それもある程度長い時間行う、いわゆる有酸素運動をイメージすると思います。でも、本当に有酸素運動でないと痩せないのか?そんな疑問を調べてみました。

 

そもそも「有酸素運動」って何?

 

有酸素運動を簡単に言ってしまうと、「ある程度の時間続ける、比較的軽い運動」ということです。エネルギーの面から考えると、「運動するためのエネルギーを、脂肪を分解して作るような運動」とも言えます。運動のエネルギーは主に体内の糖や脂肪を分解して作るのですが、脂肪を分解するのには時間がかかるのです。

 

だから、「ある程度の時間、具体的には20分程度は運動を続けないと脂肪は燃えない」というのが、有酸素運動が勧められる理由なワケですね。

 

本当に脂肪を落とすには有酸素運動なのか!?

 

ところが、脂肪を落とすには必ずしも有酸素運動、とは言えないのです。

 

例えばオリンピックの100m走に出てくるようなスプリンターには、爆発的な力を発揮する能力が求められます。ゆっくり長く動くマラソン選手とはまったく運動の種類が違います。100m走の運動時間はせいぜい10秒。でも、スプリンターの体脂肪率が高いかというとそんなことはありません。体脂肪率が高かったら、腕の筋肉や腹筋があんなにハッキリと分かることはないはずです。

 

本当に20分以上続けないとダメなのか?

 

さらに、そもそも私たちの生活は基本的にゆっくりとした動きがほとんどです。

 

朝出勤するときも、駅まで100m走のような全力ダッシュをする人はいないでしょう。ペットボトルの蓋を開けるときも、リンゴを片手でつぶすような勢いで回す人はいないはずです。

 

ということは、私たちは起きている間、常に有酸素運動をしているようなものなのです。わざわざウェアに着替えたところから区切って、改めて「20分以上運動しないと脂肪は燃えない」というのは、極端な誤解なのです。

 

「痩せる」にはとにかく消費を増やすこと

 

ここまでのことを考えると、脂肪を落とすのには瞬発的な動きでもいいし、短い運動でもいい、と言えそうです。

 

これはどういうことなのでしょうか?要するに、マラソン選手のようになりたいならともかく、一般人にとって大事なのは「とにかく運動量を増やす」ということなのです。わざわざウォーキングの時間を取ることが難しいなら、朝と夜の腹筋を習慣にしてもいい。週末だけだった部屋の掃除を、毎日サッとするように変えることでもいいのです。

 

そうして生活の中でエネルギー消費量を増やすこと、それがダイエットの王道です。無理な運動を取り入れるよりも、生活の中で出来ることから始めてみましょう。
おすすめのダイエット方法はこちら⇒ベジライフ